早朝透析 夜間透析 オンラインHDF透析 個室透析 CAPD
人工透析・腎臓病専門グループ [医療法人社団正賀会・誠賀会]

Check!検査でリンが高いと言われたら?

14.検査でリンが高いと言われたら ①-113.検査でリンが高いと言われたら ①-2

リンが多い食品

11.リンが多い食品 ②

Check!検査でカリウムが高いと言われたら?

9.検査でカリウムが高いと言われたら ④

カリウム量表で確認してみましょう。

7.野菜カリウム寮 ⑤-28.野菜カリウム量 ⑤-15.漬物の塩分・カリウム量 ⑦

果物一日あたりの摂取目安量

6.果物一日あたりの摂取目安量 ⑥

飲み物のカリウム・リン量をチェックしましょう

4.飲み物のカリウム・リン量をチェックしましょう

カリウムが多い食品

3.カリウムが多い食品 ⑨

主食によるリン・カリウム摂取量の違い

10.主食によるリン、カリウム摂取量の違い ③

夏バテ防止メニュー

2.夏バテ防止メニュー ⑩-1
1.夏バテ防止メニュー ⑩-2

添加物のリンに気を付けましょう。

食事の食べ方、選び方

食事の食べ方、選び方H26.10.10

食事の食べ方選び方2

 

塩分・水分摂取を少なくする食事の工夫

20141010減塩食をおいしくするための工夫H26.10.10

減塩食をおいしくするための工夫

20141010減塩食を楽し工夫

 

 

20141010減塩食を楽しむ工夫2

主食の選び方

白い穀物はリン・カリウムの含有量が少なく副食(おかず)の幅が広がります。
リン・カリウムが多い穀物を使用するときは、副食で調整しましょう。

栄養素 たんぱく質 リン カリウム
ご飯 ご飯200g(茶碗1杯) 5.0g 68㎎ 58㎎
玄米ご飯200g 5.6g 260mg 190mg
パン 食パン6枚切2枚 11.2g 100mg 116mg
ライ麦6枚切2枚 10.0g 156mg 228mg
麺類 うどん200g 5.2g 36mg 18mg
そば200g 9.6g 160mg 68mg

 ※ 一日の所要量は体格・活動量などによって異なります。

おかずの選び方

メインのおかず(肉・魚・卵などたんぱく質がメインのおかず) は1品まで。
副菜(野菜が中心のおかず) は1~2品。

水分制限があるので、汁物は付けないか、付けても一日一回までとしましょう。
また、つけもの・佃煮は塩分とカリウムが多いので毎日食べるのはさけて下さい。

【× NGな献立例】
たんぱく質過剰になりやすいメニュー(メインが二つある献立)

<例>ごはん・焼き魚(一尾)・肉野菜炒め・ほうれん草のお浸し
kondage_1
kondage_2

【○ OKな献立例】
バランスの取れたメニュー

<例>ごはん・焼き魚(切り身)・きんぴら・ほうれん草のお浸し
kondage_3

外食の注意点

和食 単品(丼もの)より定食を選び、漬物・味噌汁は残す。
susi_oke
お寿司を注文する場合、海鮮丼よりにぎり寿司の方が魚の量が少なく、調整しやすい。
すし飯は塩・砂糖で味付されているので、 しょうゆを漬けすぎないように食べましょう。
ウニ・イクラはリンが高いので食べすぎないように。寿司屋出される濃いお茶や抹茶は高カリウムの原因になります。
洋食 和食と比べ比較的塩分は少ないが、肉・乳製品(チーズ)の量が多い。
量の調整が必要な物
・グラタン、パスタ、ピザなど乳製品を多く使用した料理
・ステーキ、ハンバーグなど肉の量が多い料理
・ハム、ベーコンなどの加工肉を使用している料理
・オムライスなどの卵料理(卵を2~3個使用している場合が多い)
麺類 麺類のつゆには5~8gの塩分が含まれるため、汁は残しましょう。
ざるそば・ざるうどんなど、自分でつゆのつけ方を調整できるものなら、減塩が出来ます。 とろろそばはカリウムが高いので気をつけましょう。 udon_tanuki塩分5g
ラーメン(特にとんこつラーメン)は塩分が多く含まれています。頻繁に食べないようにしまよう。ramen_tonkotu塩分6g
ファースト
フード
日頃から続けて食べない。
塩分は比較的少ないですが、脂肪が多く野菜が不足しがちです。
習慣的に食べるのは控えましょう。
エネルギーが高いわりにすぐ空腹感を感じる為、余分な間食を摂りたくなる傾向になります。
フライドポテトやコーヒーはカリウムが高くなります。ph-3

エネルギー たんぱく質 塩分
ハンバーガー 255kcal 12.3g 1.1g
フィレオフィッシュ 432kcal 14.3g 1.5g
ビックマック 563kcal 25.7g 2.1g
コンビニ弁当 幕の内弁当のような、おかずの種類が多いものを。
エネルギー 塩など成分表示をチェックしましょう。
弁当の中身もすべて食べるのではなくたんぱく質のおかずは調整して増減し、漬物や佃煮など味の濃いものは残しましょう。
添加物が多いとリンが上がります。続けて食べないようにしましょう。

デザートの選び方

果物は以下のものにカリウムが特に多く含まれます。

血清カリウムが高めの時は、生の果物やフレッシュジュースを避けて缶詰の果物を選びます。
kondage_4

水分について

水分補給はなるべく甘味が少ない飲み物にしましょう。

agariジュースや炭酸飲料を飲んだ後、さらに水分を飲みたくなったという経験はありませんか?
甘味の多い飲み物で水分補給をすると、余計にのどが渇く原因となります。

また、カリウムの高い方は玉露や抹茶、インスタントコーヒーでカリウムが上がる場合がありますので
注意が必要です。

食事からおよそ1L近くの水分を体内に取り入れています。
飲み水(薬を飲む水も含む)、お茶などは前日の尿量+ドライウエイト×15mLを目安にしましょう。

季節の献立 春・・・旬の食材の栄養価は?

厳しい寒さも終わりを告げ暖かくなってきましたね
この時期の旬の食材・栄養価をチェックしてみましょう!

グラムは可食部分 エネルギー タンパク質 リン カリウム 摂取量の目安
さわら1切・80g 142 16.1 176 392 小1切まで
初がつお5切・100g 114 25.8 280 430 刺身3切程度に
金目鯛1切・100g 160 17.4 490 330 控える
ホタルイカ5杯・50g 52 8.9 100 120 5杯程度に
わかさぎ5尾・100g 77 14.4 350 120 3尾程度に
桜えび(ゆで)大1杯10g 9 1.8 36 25 大さじ1杯程度
あさり10個40g 12 2.4 34 56 塩分注意。
いいだこ1ぱい60g 42 8.8 114 120 問題なし。
ふきのとう5個・50g 22 1.3 45 370 控える
タラの芽3個・50g 14 2.1 60 235 2個程度
筍(ゆで)50g 15 1.8 30 235 切ってから茹でる。30g程度に
グリンピース30g 28 2.1 36 102 豆ご飯1膳程度
菜の花50g 15 2.2 43 195 ゆでて30g程度
やまうど50g 10 0.6 16 135 50g程度
ふき  50g 6 0.2 9 165 50g程度
根三つ葉50g 10 1.0 32 250 切ってから茹でる。30g程度に
イチゴ5個・100g 34 0.9 31 170 3個程度
さくらんぼ10個・50g 30 0.5 9 105 10個程度
アメリカンチェリー5個・50g 33 0.6 12 130 5個程度
いよかん一個・150g 69 1.4 27 285 1/3個程度

季節の献立 夏 ・・・ 真夏の食事の注意点

暑い季節となりました。夏本番です。
食欲が落ちないように、食事管理をきちんとしましょう。

食生活のポイント
(1)一定の決まった時間に食事をし、胃の分泌を正しく保つ。
(2)一度に食べきれない時は頻回に分け、エネルギーを十分摂取する。
(3)咀しゃくを充分に行い、胃の負担を軽減する。
(4)特に空腹時は冷たい飲み物や食べ物を避ける。

夏に注意の必要な食材

グラムは可食部分
エネルギー
たんぱく質
リン
カリウム
摂取量の目安
うなぎ大1尾・150g
440
34.5
450
450
1/3尾
あじ大1尾・100g
121
20.7
230
370
2/3尾
枝豆10さや・50g
68
5.8
85
295
5さや
とうもろこし1本・150g
149
5.3
150
435
1/3本
オクラ5本・50g
17
1.1
34
286
5本
きゅうり1本・100g
14
1.0
36
200
1/2本
にがうり1本・110g
19
1.1
34
286
1/2本
トマト1個・150g
29
1.0
39
315
1/3個
スイカ1切れ・200g
74
1.2
16
240
100g
梨1個・200g
86
0.6
22
280
1/3個
マンゴー1個・200g
128
1.2
24
340
1/3個
メロン1/6個・100g
42
1.0
13
350
30g

※年齢、体格、性別、生活活動強度によって必要量は変わりますが、1食につきリン250~300mg、カリウム500mgが目安です。

季節の献立 秋・・・旬の食材をおいしく味わいましょう

残暑厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

食欲の秋!!美味しい食材がたくさんある時期です。

それらの食品の栄養価を確認してみましょう♪

gは食べられる部分 エネルギー たんぱく質 リン カリウム 適量の目安
さんま(1尾・150g) 465kcal 27.8g 270mg 300mg 2/3尾(100g)
戻りガツオ(5切・100g) 165kcal 25.0g 260mg 380mg 3切れ(60g)
いわし(小1尾・50g) 109kcal 9.9g 115mg 155mg 1.5尾(75g)
生鮭(1切・80g) 106kcal 17.8g 192mg 280mg 1切れ(80g)
さつま芋(3切・100g) 132kcal 1.2g 46mg 470mg 少量(50g)
カボチャ(3切・100g) 90kcal 1.9g 43mg 450mg 少量(50g)
甘栗(10個・100g) 225kcal 4.9g 110mg 560mg 3個(30g)
ぎんなん(10粒・50g) 94Kcal 2.4g 60mg 350mg 5粒(25g)
しいたけ(1枚10g) 2Kcal 0.3g 7mg 28mg 3枚(30g)
まいたけ(1パック100g) 16kcal 3.7g 130mg 330mg 1/3パック(30g)
柿(中1個・200g) 120kcal 0.8g 28mg 340mg 1/3個(70g)
梨(中1個・200g) 86kcal 0.6g 22mg 280mg 1/3個(70g)

 ※ 必要な栄養量は体格、性別によって違いますが、一食およそリン250~300mg、カリウム500mが目安。

主食でのリン摂取量(ご飯200gでリン68㎎)も考慮して一食おかずでのリン200mgくらいまでに!

kondage_5

魚介類はお腹側にリンが多いので、背中や、尾のほうを食べ、内臓は残しましょう。

 

旬の物は適量をおいしく頂きましょう!!

TOPへ

管理栄養士:葛西

季節の献立 冬 ・・・鍋物の季節です。

急に気温が下がり、鍋物がおいしい季節ですね

しかし、リン・カリウム、塩分、水分の気になるところです。

栄養価を確認しておきましょう♪

※食品100gあたりの栄養価です。

魚介類・主食 肉・豆腐・野菜類 おでんの具
食品 リン カリウム 食品 リン カリウム 食品 リン カリウム
あんこう 140 210 牛肉霜降り 140 210 さつまあげ 140 210
あんきも 140 220 牛肉赤身 180 340 はんぺん 110 160
銀サケ 290 350 豚ロース脂付 180 310 さつまあげ 70 60
真鯛 240 470 豚モモ赤身 220 370 焼きちくわ 110 95
まだら 230 350 鶏モモ皮付 160 270 たこ 160 290
タラ白子 430 390 鶏ムネ皮付 170 300 ゆで卵1個 90 60
とらふぐ 250 430 木綿豆腐 110 140 ソーセージ 200 70
ぶり 130 380 しいたけ 73 280 焼き豆腐 110 90
あさり 85 140 えのき 110 340 生揚げ 150 120
カキ 100 190 しめじ 100 380 がんも 200 80
はまぐり 96 160 えりんぎ 120 460 ちくわぶ 31 3
ほたて貝 210 310 まいたけ 130 330 こんにゃく 10 12
車えび 310 430 ごぼう 62 320 じゃがいも 40 410
伊勢えび 330 400 小松菜 45 500 だいこん 17 230
ブラックタイガー 210 230 春菊 44 460 昆布10㌢ 24 540
毛ガニ 260 340 ねぎ 26 180 牛スジ 23 19
ズワイガニ 170 310 白菜 33 220
タラバガニ 220 280 にら 31 510 昆布だし 6 140
スルメイカ 250 270 さといも 55 640 カツオだし 17 26
ヤリイカ 280 300 白滝 10 12 鶏ガラスープ 21 65
白菜キムチ 55 340
うどん1玉 43 22
ラーメン1玉 136 58
切り餅2個 78 66



 ※ 数値の高いものは少量にして味わいましょう。
カリウムのとけ出したスープはあまり飲まないように、おじやや煮込みうどんは控えましょう。



nabe-150x150おでんは塩分摂取量が多くなりますので、食べ過ぎないようにしましょう。

旬の物は適量をおいしく頂きましょう!!

管理栄養士:葛西

 

年末年始の食事について

 年末年始の食事について

寒さも厳しくなってまいりました。今年も残すところあとわずかになりました。

さて年末といえば・・・忘年会・クリスマスなどの行事が多くつい食べすぎたり、飲みすぎたりしてしまいます。注意するポイントを再確認して、体重の増やしすぎや、リン、カリウムが高くならないようにしましょう!

パーティー料理とアルコール飲料

年始パーティ

 

おせち料理の適量と食べ方の工夫

おせち

※ご飯やお餅などの炭水化物をきちんと食べてエネルギーが不足しないようにしましょう。

空腹時にカリウム含有量の高い食品を食べると、急激に血中濃度が上がりやすくなるので、ご注意ください。水分の取りすぎ、お薬の飲み忘れ、飲むタイミングにも注意しましょう。